活動報告

徳川みらい学会講演会の活動報告

講演会などの活動報告を随時掲載していきます。

2018年 4月16日(月)
第1回講演会
「徳川家臣団大会in静岡2018」
徳川みらい学会の本年度第1回講演会と徳川家臣団大会が4月16日、しずぎんホール「ユーフォニア」で開かれました。明治維新150年にちなみ幕末の静岡の歴史に焦点を当てるコンセプト。清水ゆかりの山岡鉄舟をテーマとする講演会などを開きました。
講師は鉄舟が創始した全生庵(東京台東区谷中)住職の平井正修氏で、演題は「江戸無血開城と山岡鉄舟」。寺に残る鉄舟直筆の文書を紹介しながら、西郷隆盛との会談を成功させて無血開城につなげた鉄舟の実績を紹介するとともに、人物像にも迫りました。
静岡県舞台芸術センター(SPAC)で活躍する俳優奥野晃士さんによる独創的な朗読劇「動読(どうどく)」の公演も行われました。小説「侍たちの茶摘み唄」をベースに、 鉄舟が幕府の意を受け駿府に乗り込み、清水次郎長の助けも借りながら西郷隆盛と面会に至るまでをドラマチックに披露しました。
大河ドラマ「西郷(せご)どん」も放映され、明治150年に関心が集まる中、会場には、徳川家臣団の子孫の皆さんを含め、延べ約500人もの聴衆が来場しました。  西郷隆盛のひ孫の陶芸家西郷隆文さんが鹿児島からゲストとして会場入りしてくれました。登壇すると、「せごどん」をほうふつとさせる体格や表情に、客席からどよめきが起きました。徳川宗家18代徳川恒孝さんのご子息家広さん(德川記念財団理事)があいさつに立ち、「德川の歴史は『静岡に始まり、静岡に終わった』のではなく、今も続いている。ここ静岡でこのような会が開かれることは非常に意義深い」と語り、大きな拍手を受けました。
家臣団大会の後、浮月楼で開かれた交流会にも多くの来場があり、全国から訪れた参加者が親交を深めました。
静岡新聞4月17日付け朝刊(PDF:1.3M)
2018年 6月19日(火)
第2回講演会
「朝鮮通信使講演会」
徳川みらい学会の第2回講演会(朝鮮通信使講演会)が19日、静岡市駿河区の静岡県男女共同参画センター「あざれあ」大ホールで開かれました。講師は東海地方朝鮮通信使研究会の貫井正之代表。「朝鮮通信使と家康」をテーマに、豊臣秀吉の朝鮮出兵以来悪化していた両国の関係を、徳川家康がどう修復して平和な関係を再構築したかなどを説きました。貫井代表はユネスコ記憶遺産登録日本学術委員でもあり、朝鮮通信使が記憶遺産の認定に至るまでの過程も明らかにしながら、韓国側と日本側との主張が激突した議論で「信頼関係があるから、激論を交わす
ことができた」と振り返り、今後の日韓関係について「歴史の教訓を通信使から学ぶべき」と語りました。
静岡新聞6月20日付け朝刊(PDF:473K)
このページのトップへ