活動報告

徳川みらい学会講演会の活動報告

講演会などの活動報告を随時掲載していきます。

2017年 4月16日(木)
第1回講演会
「徳川家臣団大会in静岡2017」
徳川みらい学会第1回講演会を兼ねた「徳川家臣団大会in静岡」が16日、静岡市葵区のしずぎんホール「ユーフォニア」で、行われました。
同大会は静岡市との共催で開かれ、今年、大政奉還150周年を迎えたこともあって統一テーマは「日本の近代化の礎となった静岡の幕臣たち」。国立歴史民俗博物館の樋口雄彦教授による「旧幕臣と明治日本」、東京都江戸東京博物館の落合則子学芸員の「川村清雄ー海舟が愛し、家達が慕った洋画家」のダブル講演を行いました。德川宗家の德川恒孝様ご夫妻をはじめ、家臣団の子孫、一般市民も来場し、熱心に聴講していました。
また、大河ドラマの舞台となっている浜松市からキャラクターの「直虎くん」などが登場し、会場を盛り上げました。
静岡新聞4月17日付け朝刊(PDF:554KB)
2017年 4月28日(金)
特別企画
「徳川みらい学会in京都」
特別企画「徳川みらい学会in京都」が、4月28日、京都市賀茂別雷神社(上賀茂神社)客殿で行われました。大政奉還150周年の年に実施した今回の特別企画には、徳川みらい学会会員のほか、上賀茂神社関係者、京都静岡県人会関係者など80人が集まりました。
京都市歴史資料館の宇野日出生主任研究員の基調講演「徳川将軍家と賀茂別雷神社」に続いて、徳川記念財団の德川恒孝理事長、上賀茂神社の田中安比呂宮司、基調講演の講師を務めた宇野氏による鼎談「葵の絆」を行いました。
講演会終了後、京都市内のホテルで、有志による懇親会も開き、交流を深めました。
2017年 6月19日(月)
第2回講演会 徳川みらい学会第2回講演会が6月19日、しずぎんホール「ユーフォニア」)で開かれました。講師は京都大学名誉教授の夫馬進氏。講演テーマは「東アジアの中での朝鮮通信使~朝鮮燕行使と朝鮮通信使~」。夫馬講師は、徳川幕府と朝鮮との朝鮮通信使を、東アジア亜鉛体の歴史からとらえ、特に中国と朝鮮との関係と比較しながら講演しました。
総会終了後、29年度徳川みらい学会総会を開催、平成28年度事業報告、収支決算、29年度の事業計画などを審議しました。また、役員改選も行い、新会長に小和田哲男・静岡大学名誉教授が就任しました。
また、芳賀徹前会長は、顧問に就任しました。
静岡新聞6月21日付け朝刊(PDF:347KB)
2017年 9月15日(金)
第3回講演会 徳川みらい学会第3回講演会が15日、静岡市のしずぎんホール「ユーフォニア」で開かれました。今回の講師は、元NHKアナウンサーの山川静夫さん。演台は「おせんげんさんと私」。山川さんは、アナウンサーのほか、エッセイストとしても活躍されています。
父親が静岡浅間神社の神職を務めていたことから静夫と名付けられたというほど静岡との関わりが深く、静岡の思い出、子どものころ親しんだ浅間神社でのエピソードなどを披露して会場を沸かせました。山川さんの故郷愛にあふれた講演会でした。
静岡新聞9月15日付け朝刊(PDF:347KB)
2017年 10月20日(金)
第4回講演会 徳川みらい学会第4回講演会が20日、しずぎんホール「ユーフォニア」で開かれました。講師は作家、歴史評論家の原田伊織氏。テーマは「徳川が創り上げた『江戸システム』の価値~世界はなぜ『江戸』に向かうのか~」。日本の歴史と伝統を否定したところから明治維新政権が誕生したと、解説し、260年余りにわたって平和な時代を築いた徳川家康の『元和厭武』という考えを今日にも十分、通じるアイデンティティーなどと、強調していました。
静岡新聞10月21日付け朝刊(PDF:459KB)
このページのトップへ