徳川みらい学会|活動報告
活動報告

徳川みらい学会講演会の活動報告

講演会などの活動報告を随時掲載していきます。

2015年 4月16日(木)
第1回講演会
「平成の徳川家臣団大会
2015in駿府」
徳川家臣の子孫などが一堂に会した「平成の徳川家臣団大会2015in駿府 徳川みらい学会第1回講演会」が4月16日、静岡市の静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」中ホールで開かれました。
当日は、午前11時半から芝生広場に特設した交流会場で、徳川の縁(えにし)で結ばれた人々が野趣豊かにお弁当を食べながら、交流を深めました。本大会は午後1時半から、德川宗家18代当主の德川恒孝氏が臨席する中で開かれ、徳川みらい学会の芳賀徹会長の基調講演「徳川から明治へ~その連続、飛躍としての岩倉使節団」、静岡市出身の歴史小説家植松三十里氏、静岡市出身の講談師田辺鶴遊氏らによるパネルディスカッション「家康公を支えた家臣たち」が開かれ、来場者たちは興味深く話に聴きいっていました。
本大会の席上、サッポロビールから、徳川みらい学会に対する協賛金も贈られ、夜は、静岡市内の徳川慶喜公が滞在したことで知られる料亭浮月で、夜の交流会も開かれました。
静岡新聞4月17日付け朝刊(PDF:796KB)
静岡新聞4月17日付け朝刊 書籍記事(PDF:349KB)
静岡商工会議所報 sing 掲載記事(PDF:321KB)
2015年 6月19日(金)
総会
第2回講演会
朝鮮通信使講演会
徳川みらい学会第2回講演会となる朝鮮通信使講演会が6月19日、静岡市葵区のしずぎんホール「ユーフォニア」で開かれました。德川宗家第18代当主、德川恒孝氏の特別講話に続いて、作家で東海大学教授の辻原登氏が「通信使異聞」、韓国・韓信大学の河棕文教授が「400年前の通信を甦らせよう」をテーマにそれぞれ講演しました。今回の講演会は駐横浜大韓民国総領事館との共催で開かれ、同領事館の朱重徹総領事や川勝平太静岡県知事も姿を見せ、興味深く講演に聞き入っていました。
講演会前に徳川みらい学会の本年度総会も開かれ、本年度事業計画案や収支予算案が原案通り可決、承認されました。」
静岡新聞6月20日付け朝刊(PDF:517KB)
静岡商工会議所報 sing 掲載記事(PDF:1,023KB)
2015年 8月29日(土)
第3回講演会
家康公と鷹狩
徳川みらい学会第3回講演会「家康公と鷹狩」が8月29日、静岡市民文化会館中ホールで開かれました。講演会に先立ち、徳川家康公顕彰四百年事業の一環として、3市交流コンサートin静岡も開かれ、 集まった会員や市民が、家康公をイメージしたジャズ組曲などの演奏を楽しみました。
静岡新聞8月30日付け朝刊(PDF:509KB)
2015年 9月25日(金)
国際シンポジウム開催 徳川家康公顕彰四百年記念事業静岡部会事業実施本部と徳川みらい学会が共催した国際シンポジウムが9月25日、静岡市民文化会館中ホールで開かれました。
駿府城公園を中心に開かれた駿府天下泰平まつりの一環行事。「徳川の平和~その智恵と遺産」をテーマに、アメリカ、イギリス、オーストラリアから参加した参加した研究者も加え、合わせて5人のパネリストが討論しました。コーディネーターは徳川みらい学会の芳賀徹会長が務めました。シンポジウムの冒頭、日英交流事業として家康公の史実にちなんで製作された望遠鏡の静岡市への寄贈式も行われました。
静岡新聞9月26日付け朝刊(PDF:509KB)
2015年10月14日(水)
德川時代の人々がみた星空 徳川みらい学会第4回講演会が10月14日、静岡市民文化会館中ホールで開かれました。
今回の講師は、大阪市立科学館主任学芸員の嘉数次人さん。テーマは「徳川時代の人々がみた星空」。中国から伝わった天文の知識が徳川時代にどのような進歩をとげたかを解説しました。珍しい自然科学分野の講演とあって会員たちは興味深そうに聞き入っていました。
静岡新聞10月15日付け朝刊(PDF:440KB)
2015年12月18日(金)
第5回講演会(二峠道旅推進実行委員会共同企画)
「東海道と浮世絵」シンポジウム
徳川みらい学会第5回講演会(二峠道旅推進実行委員会共同企画)の「東海道と浮世絵」シンポジウムが12月18日、静岡市葵区の静岡市民文化会館中ホールで開かれました。 淑徳大学客員教授、小澤弘氏の「徳川将軍家の治世と東海道」、脚本家で女優、近衛はなさんの「私から見た二峠六宿と富士山」、静岡大学名誉教授で徳川みらい学会理事の本多隆成氏の「近世東海道と二峠六宿」、NHKプロモーション上席執行役員、牧野健太郎氏の「ディスカバリー浮世絵」をそれぞれ講演した。また、講演終了後は静岡県内の小中学生を対象に実施された「徳川家康公作文コンクール」の表彰式の行われ、21人(出席20人)に表彰状と記念品が贈られた。
静岡新聞12月22日付け朝刊(PDF:426KB)
2016年2月3日(水)
第6回講演会「家康公を育んだ駿府の今川文化」 2月3日、本年度最後の講演会が静岡市民文化会館で開かれました。講師は静岡大学名誉教授で, 当学会理事の小和田哲男氏。テーマは「家康公を育んだ駿府の今川文化」。家康公が天下を治め、 武断政治から文治政治に舵を大きく切った背景には、駿府における「人質」時代に触れた教育や文化 が大きく影響していることを解説しました。
静岡新聞2月4日付け朝刊(PDF:442KB)
このページのトップへ